ティモ(TiMO) 成分

ティモ(TiMO)の成分はどんなものが入っている?

ティモ(TiMO)に含まれる成分は?

ティモ(TiMO)は、たった一本で7つの役割でプルプル肌を作ってくれる魔法のオールインワンジェルなのですが、配合されている成分がどのようなものなのか気になります。

 

ティモ(TiMO)はティアリーTVのメンバー達が拘って作り上げたオールインワンジェルなので、そのこだわりの成分について徹底調査をしてみましたのでティモ(TiMO)の成分が気になる人は参考にしてくださいね。

 

このような悩みに魔法をかけます

ティモ(TiMO)は、ざわちん他有名芸能人が出演しているティアリーTVが株式会社エブリワンと協力して開発したオールインワンジェルです。発売は3月28日とまだ日が浅いのですが、先行モニターのアンケートによると使った人の98%が満足しているという凄いスキンケア商品なのです。

 

商品を開発するにあたってはカサカサして乾燥した肌の人、触ってみると肌がザラザラだったり、ボコボコな人、目元や口元などのラインが気になっている人、年とともに肌にハリが無くなってきた人、肌ツヤが悪く毛穴が目立つような人、というような 肌の悩みを持っている人のために試験を繰り返しました。

 

その結果先行モニターの人たちからも「ティモ(TiMO)の効果は凄い!これなら使い続けたい」といったような満足度の高いコメントが多く寄せられているようですよ。

美肌のための厳選成分

ティモ(TiMO)の気になる成分についてはどのようなものが含まれているのか紹介していきます。まずは厳選された保湿成分からですが、ティモ(TiMO)には先端美容科学が生み出した保湿成分がふんだんに配合されています。

 

肌のハリやほうれい線などにとても効果のある成分としてはアクアタイドが配合されています。これはペプチド成分の一種で肌内部に水分を溜まらせる働きがあり、保湿効果が抜群の成分なのです。細胞などに溜まっている老廃物も排出してくれるので嬉しい成分なのです。

 

そして、保湿といえば有名なヒアルロン酸がなんと3種類も配合されていて吸収型のヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、角質層に浸透しやすくする加水分解ヒアルロン酸、角質層に馴染みやすくする働きの加水分解ヒアルロン酸アルキルが配合されています。それぞれが肌の保湿のためにキチンとした働きを果たしています。

 

さらに保湿作用、抗酸化作用、皮膚弾力や毛穴の改善に効果がある成分としては、プラチナマリンコラーゲンが配合されています。この成分はコエンザイムQ10を超える魔法のような抗酸化作用物質といわれています。

エイジングケアにも最適

ティモ(TiMO)はエイジングケアにも最適な成分が数多く配合されていますので紹介していきます。

 

ティモ(TiMO)には今もっとも注目されているエイジングケア成分が配合されています。それは植物幹細胞でクリスマムマリチマムカルス培養液が配合されています。これによって肌トラブルケアや肌を透明感に導いてくれたり、保湿、ハリを向上させる効果があるのです。

 

そして肌の老化の原因と言われる活性酸素を吸い取る効果のある成分としてはフラーレンが含まれています。このフラーレンはビタミンCの125倍も抗酸化作用があり、コラーゲン生成サポート効果がプラセンタの800倍とも言われているのです。

 

肌を蘇らせたり、肌機能を回復させるのに即効性を発揮してくれる成分としてフィフローBTXも含まれています。この成分は即効性が求められる医療現場でも話題となっているエイジングケアの成分なのです。そしてその即効性はたった90秒で真皮に到達するといわれシワやくぼみ、ニキビ跡のケアに絶大な効果を発揮してくれるのです。

 

そしてティモ(Timor)は品質管理にも非常拘っていて完全国内生産で高い品質に定評のある工場だけで生産をしています。これなら安心して効果を実感できそうですね。

 

>>ティモ(TiMO)の最安値はこちら