ティモ(TiMO) シミ

ティモ(TiMO)はシミにもしっかり効果を発揮する?

ティモ(TiMO)はシミにも効果ある?

ティモ(TiMO)は美のカリスマと言われている、ざわちんや有名芸能人が拘ってプロデュースしたスキンケア商品として今大人気なのですが、シミにも効果があるのかどうか気になりますよね。

 

ティモ(TiMO)に含まれている成分や効果などからシミに効くかどうかを検証してみました。ティモ(TiMO)がシミにも効果があるのかどうか気になる人は参考にしてみてください。

 

嬉しい7つの役割!

ティモ(TiMO)がスキンケア商品として人気がこれだけ凄いのは、今までだと別々のスキンケア商品を使って行なっていたことが、ティモ(TiMO)一つで行えてしまう事は大きな要因のようです。

 

ティモ(TiMO)は、オールインワンジェルで文字通りたった一つで化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック、導入液、化粧下地という7つの役割を果たしてくれるのです。これなら今まで時間かけてやっていたことも短時間で行えるし、別々のケア商品を買っていたことを考えたらとってもコストパフォーマンスも高いと言えますよね。

 

そして、この7つの役割を洗顔後に塗るだけで効果を実感できるというのだから、普段の生活のなかでなかなか肌ケアに時間が取れない人にも簡単にできて嬉しいですよね。

 

さらに週に一度のスペシャルケアとしてティモ(TiMO)を普段の3倍くらいたっぷりと塗りこんだあと、蒸しタオルで覆ってあげるとパック状態になってより効果があがるようですよ。

美肌厳選成分?

ティモ(TiMO)成分についてはどのようなものが含まれているのかみていきましょう。まずはスキンケアと言えば保湿成分からですが、ティモ(TiMO)には厳選された保湿成分がたっぷりと配合されています。その保湿成分はなんと先端美容科学が生み出した成分がふんだんに配合されているのです。

 

肌のハリやほうれい線などが気になる人には、とても効果のあるアクアタイドが配合されています。この成分はペプチド成分の一種で、肌内部に水分を溜まらせるという保湿の働きがあります。そして年齢とともに細胞などに溜まってしまう老廃物も排出してくれる働きがある成分なのです。

 

そして、保湿ケアには必ず含まれているヒアルロン酸も、実は3種類も配合されています。吸収型のヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムや角質層に浸透しやすくする働きのある加水分解ヒアルロン酸、角質層に馴染みやすくしてくれる加水分解ヒアルロン酸アルキルが配合されています。それぞれがうまく働いて抜群の保湿効果を発揮してくれます。

 

さらにプラチナマリンコラーゲンが配合されているので保湿作用、抗酸化作用、皮膚弾力や毛穴の改善に効果を発揮してくれます。プラチナマリンコラーゲンはコエンザイムQ10を超える魔法のような抗酸化作用を発揮するので驚きの効果を実感できます。

エイジングケアにも?

ティモ(TiMO)はシミやシワだけでなくエイジングケアにも最適な成分が数多く配合されていま。

 

ティモ(TiMO)に含まれているエイジングケア成分は、植物幹細胞でクリスマムマリチマムカルス培養液が配合されています。この成分は今とっても注目されている成分で肌のトラブルケアや肌を透明感に導いてくれます。さらには肌の保湿力アップやハリの向上効果を発揮してくれるのです。

 

そしてフラーレンがふくまれているので肌の老化の原因である活性酸素を吸い取ってくれる働きがあります。このフラーレンの抗酸化作用はビタミンCのなんと125倍と言われています。そしてコラーゲン生成サポート効果についてもプラセンタの800倍とも言われているのでびっくりですよね。

 

シワなどの肌を蘇らせてくれたり、低下してしまった肌機能を回復させるのに即効性がある成分としてフィフローBTXも含まれています。この成分は実は医療現場などでも即効性が求められる場面で使われている成分でもあって、今とても話題となっているエイジングケア成分なのです。その即効性の凄さはたった90秒で真皮に到達するといわれているので気になるシワやくぼみ、ニキビ跡のケアにも効果があるのです。

 

これらのことから結論としてティモ(TiMO)はシミにも非常に効果を発揮すると言って良さそうですね。

 

>>ティモ(TiMO)の最安値はこちら